安全に利用するために

エレベーター

ビルやマンションには欠かせないエレベーターですが、安全に使用するためには保守点検は欠かせません。そんな保守点検をメーカーではなく専門業者に依頼するケースも増えています。費用が安いだけではなく災害時にも迅速に対応してくれるなど、サービスが充実しているということもあって人気となっているのです。

詳しく見る

賃貸のランニングコスト

作業員

大型の賃貸マンションを経営するオーナーの悩みはランニングコストの負担が大きいという問題があります。共益費はエレベーターの電気代や保守点検、廊下の電気料金に充てられますが、入居者が減ることで、大家さんに負担が求められることもあります。問題解消のためにも管理契約を結んでおくと良いでしょう。

詳しく見る

安全第一である事

工具を持つ人

マンションのエレベーターを点検するには、安全第一を考えている専門業者を選ぶ事が重要です。その為には、過去の点検実績を詳細にチェックする事がポイントです。また、いつでも24時間対応が出来て直ぐに駆けつけてくれる事も重要です。

詳しく見る

費用相場と注意点

エレベーター

エレベーターの点検は毎月のメンテナンスとして必要です。フルメンテナンスを行うと毎月4〜5万円ほど、最小限のメンテナンスにすると毎月2〜3万円ほどが相場となります。メーカーの保守よりも保守専門会社の方が安くなる傾向にあります。

詳しく見る

昇降機メーカーを使う

エレベーター

マンションを管理している方は定期的にエレベーターの点検を行いましょう。こうした仕事は外部の昇降機メーカーに依頼することができます。メーカーでは建築基準法を元にエレベーターをチェックします。日常的にメンテナンスしてほしい業者を選んで仕事を依頼しましょう。

詳しく見る

責任を持って行いましょう

男性

部品の劣化も防ぎます

今日の各種施設や大規模住宅などに設置されているエレベーターは、その性能や安全対策の面で極めて良質なものになっています。しかし毎日使用されるものであるので、万が一のリスクを常に想定して定期的な点検を確実に行わなければなりません。そしてこれらの検査や点検は建築基準法にしっかりと定められているので管理者は法令順守を心掛けて、エレベーターの点検を予定に組み込んでおくと良いでしょう。またこまめな点検は安全性の確保だけではなく、エレベーターの各種部品の状態を維持して劣化を防ぐことにもなります。ですから金銭面だけを考慮して定期点検の回数を減らすのは、長い目で見た場合必ずしも得策であるとは限りません。その一方でやはり安全を担保しつつ、なるべくコストを抑えたいと思うのは当然なので、エレベーターの保守点検会社を新しく探すのも決して悪い決断ではありません。このようなケースでは今までの点検の費用をあらかじめ算出しておいて、インターネットなどで探し出した候補となる会社のそれと比較することが大事です。その際はこちらからの問い合わせになるべく明確に答えてくれて、丁寧な対応ができる会社を選ぶと信頼度は上がるでしょう。最後に一つ付け加えると優秀なプロの業者に任せるのも重要ですが、毎日試運転を行って異音や普段感じない振動の有無などのチェックは誰にでもできます。この点に留意して日課のようにしておくと、より安全で快適なエレベーターを維持できるようになるでしょう。

Copyright© 2017 賃貸マンションの経営にはエレベーターの点検が大切|プロに頼もう All Rights Reserved.