賃貸のランニングコスト

作業員

共益費の役割

賃貸マンションのオーナーになると様々な問題に頭を悩ませます。賃貸物件の修繕や入居者とのトラブルなど様々な問題があります。近年では、不動産仲介業者がオーナーの替わりに契約から家賃回収まで行う管理契約を行っている物件が増えており、直接入居者と接触する機会が少ないのですが、もっとも大きな問題として空室リスクや保守点検、修繕に関わる問題が大きいと言えます。とくに、居室の多いマンションの場合で複数回層の物件であればエレベーターの設置があり、共益費により保守点検、修繕が行われます。複数回層の物件でエレベーターが故障することは即トラブルに繋がります。そのためにもエレベーターの保守点検は定期的に必要です。エレベーターの保守点検費用は毎月の共益費で賄われますが、空室が出来ると共益費が少なくなります。マンションのような大型の建物は経年劣化が進むと入居者も減ると言われています。すなわち、空室をつくらないためには定期的な修繕も必要となります。空室が出来ると固定資産税の負担や電気代、買入返済金など様々な部分で負担が生じます。ただ、管理費はある程度計算してランニングコストを稼ぎ、貯えをつくるように計算された設定となっています。空室が少なければ十分な費用が回収できますので、日ごろからランニングコストを蓄えておく必要があります。空室が出来た場合でも安心できるように家賃保証などの設定も必要です。エレベーターの保守点検から物件に関わる修繕まですべて一括して管理して貰えば、不安なく賃貸経営が出来るでしょう。

Copyright© 2017 賃貸マンションの経営にはエレベーターの点検が大切|プロに頼もう All Rights Reserved.